コラム

趣味としてのダーツ

趣味としてのダーツ

統計から見る趣味をダーツとする人

統計サイト「生活定点」の統計結果によると、55項目もあるのに、ダーツを趣味とする人は統計にものってきていません。ライバルとも言えるビリヤードは51位ですがランキングに入っています。「その他のスポーツ」に含まれているのでしょう。

よくするスポーツや趣味は何ですか?

上位3つです。

  • 映画鑑賞
  • 読書
  • 音楽鑑賞

1人客が多い

ダーツバーなどに行っても、1人客が多い印象です。一方、飲み会の2次会と思われる集団もプレイしていますが、それほど長時間せずに帰っていきます。
私もあまりプレイ経験が無い人を連れて行くことがありす。楽しんではいるのですが、趣味になるまでの人はいません。

1人客が多いので、慣れれば1人でも行き辛いというのはなくなります。
20代~50代の男性が多い印象です。
女性では20代が多い印象です。昼の時間は分からないですが、昼は女性の30代~40代の人もいるかもしれません。

ダーツを趣味として始めるには?

ダーツはそれほど初期投資がいらない趣味です。マイダーツぐらいです。
同じフォームで投げる事が上達には重要になってくるので、マイダーツを買ってしまうのはいいと思います。買うと行きたくなりますし、ハウスダーツより点数が上がります。
近くに安いダーツバーがない人は通常の練習でお金がかかってしまいますが、
逆に、快活クラブやラウンドワンが近くにある人は、プレイ代金も安くなります。

学生などにすると高いと感じるかもしれませんが、大人の男性の趣味とするならば、相当お金はかからない趣味だと思いますし、健全な趣味です

1人で出来る趣味なので、平日の会社帰りにフラッと寄れるし、平日は安い所が多い印象です。また、ダーツライブなどで全国の会員とオンライン対戦が出来たりするので、クリケットやゼロワンなど対戦のゲームも楽しめます。ちなみに、1人ダーツをしている人がプレイ前に手を上げている事がありますが、あれはオンライン対戦前にあいさつをしているのです。
ダーツライブカードを使うと、独自のレートが出たりするので自分の成長が感じられます。

ダーツは健康に良いか?

間違いなくいいと思います。
3時間ほどすると、次の日、腕と足と腰が痛くなります。腕は筋肉痛になります。
筋肉痛になるのは体を動かしている証拠です。
また、ゼロワンやクリケットでは、計算をしていくので頭の健康にもグッドです。

まとめ

ダーツを趣味とする人は統計上、少ないです。(数字に載ってきません)
私の周りでもマイダーツを持っている人は3人しかいません。
働き方改革で、安い趣味を見つけたい人が増えてきていると思うし、何歳からでも始められるダーツはおススメです。
普及してくれるとプレイできる場所も増えるので、競技人口が増えて欲しいです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【初心者向け】【数量限定】初めてのブラスダーツセット 899円(ポスト便OK/20トリ)
価格:899円(税込、送料別) (2019/4/21時点)

楽天で購入