ダーツニュース

ダーツと高齢者

ダーツ楽しみ、高齢者元気に 県立広島大、三原で実証実験

 ▽認知症・転倒の予防期待

お年寄りが仲間とダーツを楽しむと、認知症予防になる―。そんな仮説を実証しようと、県立広島大保健福祉学部(三原市)は市の協力で公民館などにダーツマシンを置き、100人規模でデータ収集をしている。認知機能の改善や転倒予防の効果を示すデータが得られつつあり、同大や市は健康増進の「三原モデル」として発信していく考えだ。

クリケットでは、戦略があったりするので、認知症予防に本当に効果がありそうです。