ダーツニュース

鈴木大地長官、世界一の手ほどき受けてダーツ挑戦

鈴木大地長官、世界一の手ほどき受けてダーツ挑戦

鈴木大地長官、世界一の手ほどき受けてダーツ挑戦

スポーツ庁の鈴木大地長官(52)が15日、見事なダーツの腕前を披露した。ダーツ世界選手権の1つ「BDOワールド・プロフェッショナル・ダーツ・チャンピオンシップ(通称・レイクサイド)」をアジア人で初めて制した鈴木未来(みくる、37)の表敬訪問を受けた鈴木長官は、手ほどきを受けて挑戦。いきなりブル(中央)に入れて世界女王からも拍手を浴びた。

ダーツを年に1回以上プレーする国内の競技人口は580万人。プロ選手も約2000人いるという。

写真に写っているボードは?

ダーツライブ練習用の「ダーツライブゼロボード」ですね。
オフラインで練習する用の、他のボードよりも静音性に優れたボードですね。